新一万円札の渋沢栄一 と 映画監督の小津安二郎

開催期間

2024年6月1日    
PM 3:00 - PM 5:30

9歳から19歳までの青春期を松阪で過ごした映画監督 小津安二郎氏による
現存する貴重なサイレント映画「大学は出たけれど」を上映(活動弁士・麻生八咫)するとともに、
コントラバス奏者・斎藤順(小津映画の音楽を担当した斎藤高順の三男)による映画音楽と、 
歌手・岡美保子が歌う“小津安二郎の詠った和歌”で、小津作品の根底に流れる~もののあはれ~を感じます。

また、三重県にもゆかりがあり、新一万円札の肖像に選ばれた渋沢栄一の歩みと思いを、
歌手・岡美保子が、“渋沢栄一が詠った和歌”で辿ります。

開催日時
令和6年6月1日(土) 開場14時30分 開演15時00分 終了17時30分

開催場所
東京都中央区日本橋室町2-4-1 YUITO ANNEX 2F
三重テラス2F コミュニティスペース

参加費:3,000円(お土産付き)
事前参加申込:必要
お申込受付窓口:歌で伝える歴史文化の会
TEL 03‐3906‐1984
E-mail amsa@jcom.zaq.ne.jp

◇後援 小津安二郎松阪記念館 公益財団法人渋沢栄一記念財団 松阪市

◇協力 小尾健彦フォトアーカイブ オフィス小津 江東区 国立印刷局 松竹株式会社 古石場文化センター